人工授精に二回失敗。33歳です。 珍しい例かと思いますが、主人が膣内

人工授精に二回失敗。33歳です。
珍しい例かと思いますが、主人が膣内射精障害のため、付き合ってから一度もセックスがうまくいったことがありません。
具体的に言えば、一度も主人の精液が 中に入ったことがありませんでした。
そのため、タイミングがうまくいかず、不妊専門病院で相談して、人工授精を始めました。
人工授精前に行った血液検査や卵管造影検査、子宮鏡検査において、具体的な不妊原因は見つからず(ポリープ切除はしました。卵管もやや狭いが、不妊原因と言えるほどではない)、
また主人の精液も問題なしでした。
基礎体温も、やや低めですが、問題はないとのこと。
上記の検査以外でも、妊娠できないケースがあることは理解しています。
人工授精がうまくいかない場合、通常は体外受精になると思いますが、
主人は、お互い何も問題ないのだから、人工授精でうまくいくはず。体外受精はしないと言われており、妊娠できない現状にストレスがたまっています。
葉酸サプリを飲んだり、ルイボスティーを飲んだり、最近は漢方を始めたりしながら身体作りは進めています。
しかし、性格上ストレスや不満を溜めやすく、人一倍心配性です。
ストレスがダメなのは理解しているのですが、長年付き合った性格をなかなか変えられず…これも悩んでます。
タイミングをしたこともないのに、人工授精2回失敗で落ち込むのは早いでしょうか。
私も、2回で落ち込むのはまだ早いと思いますよ。
私も基礎体温は低めでしたが二層になっていたので大丈夫と言われ、なかなかできなかったけど妊娠できました。
今思うと、フルタイムで働いていた職場を辞める事にして、少し気楽になっていた時期でした。
ストレスは感じてなかったけど、自覚なかっただけだったのかも。
主さんはご夫婦でお互い問題なく、身体作りもされてますから、少しのんびり待ちましょう。
通院は大変でしょうが、きっと良い結果がでますよ。
◆希望を持たせていただけるような回答、大変感謝いたします。
病院からは、人工授精で妊娠する人は、2回目までに50%の人が妊娠すると言われ、とても落ち込んでしまいました。
一応、6回目まではチャレンジするつもりで、頑張りたいと思います。
私もフルタイムで働いているので、通院は本当に大変です…のんびり治療していきたいと思います。
◆私も同じでした。
私の場合できる時もありましたが出来ない時の方が多く、タイミングをとるのが難しかったため、人工授精をしました。
同じく一通りの検査もしました。
でもまだ二回ですよね?人工授精は普通の性行となんらかわりなく、少しだけ奥に精子を送ることが出来るというだけです。
自然妊娠も一度の排卵で20%ほどの確率ですよね。
このことから4〜5回試してみてくださいと先生から言われましたよ。
わたしも同じように葉酸をとったり、ルイボスティーも飲んでいました。
ですがストレスが溜まるお気持ちはすごくよくわかります。
わたしは30歳ですが、卵管造影検査で左側が詰まっていて他の人の半分の確率でしか妊娠できないと言われました。
ですが4回目で無事に授かることができました^_^
検査をされてどこも異常は無かったのですから、それをプラスに考えたら良いと思いますよ^_^
異常が見つかって人工授精を頑張っている人の気持ちを考えてみてください。
まだ望みはあると思えませんか?^_^
不妊治療を振り返ってこれだけは言えるということは、妊活に焦りは禁物ということです。
大らかな気持ちで妊活に取り組むことが大事だと思います。
わたしも3回目まではかなりのストレスで、仕事が忙しかったのもあり、人工授精後は毎日指折り数えて待ち続ける日々に心身ともに疲れていました。
夫にあなたのせいだと攻め立てたり、今から考えるとゾッとするような生活でした。
三回目の結果がダメで、あと半分しかチャレンジできないのだな(何度でもして良いのですが、私は6回と決めていました)と思った時に、六回してもダメだったときのことを想像しました。
体外受精に進むことは主人と相談して選択肢になかったので、
悔いのないようにあとの3回を頑張ろうと思いました。
それまでの三回では後悔ばかりしていました。イライラしていたからダメだったのかな、あのとき無理をして外出したからかな、毎日まだかまだかと焦り過ぎたのかな。そんな事を思っていました。
もうそんな風にはしたくなかったので、人工授精当日はどこへも行かず、お家でゴロゴロ寝ていました。
いつも基礎体温のことばかり考えていてあるいみストレスだったので気にしないようにしていました。(私の婦人系は1週間記録してくれるものだったので計るだけ計って、アプリには付けず、基礎体温表を眺めて悩む毎日はやめました。)
からだもたくさん温めて、まだ9月でしたが冬用のパジャマを着て靴下まで履いて寝ました。
もし6回目もダメだったことも見据えて、何か将来の自分に投資しようと思いました。趣味を見つけたり、やりたいことの勉強をしたり、とにかく子供以外の希望や楽しみを見つけました。
そうして過ごしていると、生理予定日くらいにいつもとは違う体調の変化に気がつきました。3日後妊娠がわかりました。
生理予定日ギリギリまでは気にしていないとはいえ、やはり生理が来るかもな。という気持ちでした。
でも次はどうしよう?など次の人工授精についても何にも考えませんでした。
ただ自分の楽しみに没頭して、とにかく後悔しないようからだだけは大切にしました。
本当に今までとは違いおだやかな2週間でした。
それが良かったのかはわかりませんが、もしその4回目がダメでも5回目は前向きな気持ちで取り組めたと思います。
なかなか自分の思考を変えるのは難しいですが後悔しないようにの一心でした。
やはりストレスや不満ばかりの日々を送っていたら、妊活のことだけではなく、生活面でも不幸なことを引き寄せると思います。
明るいプラスの気持ちを持っていれば、プラスの出来事を運んできてくれるのだと思います。
その時に気晴らしに見つけた趣味や将来の目標は今でも頑張って続けています。そして私の人生でいまが一番上手くいっています。妊娠できたことを除いてもです。
長くなりましたが質問者さまも、後悔しないよう、ぜひ気持ちをプラスの方向にむけ、いま出来ることを精一杯頑張って日々を過ごしてもらいたいと思いました。