夫婦ともに20代後半、私はチョコレート嚢胞3センチがあり、主人は重度

夫婦ともに20代後半、私はチョコレート嚢胞3センチがあり、主人は重度の乏精子症です。濃度が50〜300万と低いのですが、運動率は80パーセントあります。医師は触診だと精索静脈瘤があることには ありそうだが、運動率に問題がないので手術をしてもあまり結果は変わらないと思う、私にもチョコレート嚢胞もあるので顕微授精に進んだ方が妊娠への近道ではとおっしゃいました。
手術をして自然妊娠を目指すか、早急に顕微授精に進むか、どちらがいいのでしょうか。私はすぐにステップアップするつもりでいましたが、精索静脈瘤の可能性を指摘され、悩み始めました。
うちの旦那さんも精索動脈瘤で乏精子症で手術を進められましたが、手術をしても回復する見込みも高くないのと、自費ということで、最初は漢方などの薬物療法から始めました。
すると、精液検査の所見がよくなり、人工授精を行いました。
しかし5回試みるも妊娠に至らず。。。
焦りもあり、顕微授精に踏み切りました。
確かに高額ではありますが、私の場合幸いにも1回で妊娠することが出来ました。
今4ヶ月になります。
もっと早く顕微授精をしていれば良かったなと今は思っています。
顕微授精するにも若い方が断然妊娠率は上がり、流産立は下がります!