現在大学3年生でアルバイトをかけもちしております。 現在6月の時点で

現在大学3年生でアルバイトをかけもちしております。 現在6月の時点で今年およそ90万円稼いだことになり、今後、インターンとして週4で仕事をするのですが、軽く計算してみたところ今年で160〜170万円稼ぐことになります。
とりあえず仕方ないので扶養を外れて1もいいと許可をもらいました。
しかし130万を超えると国保社保に私自身が加入して負担をしなければならないと聞きました。
もし、一度健康保険の加入をしてしまうと次の年からは親の扶養内で働くというのは不可能なのでしょうか?
また、なにか申請などをして払わなければならない税金などがあれば教えていただきたいです。(すべてが勝手に天引きされるとかなら楽なのですが…)
別々の制度が混在していますので、一つ一つ分けて理解しましょう。
1.親の社会保険(社保)の扶養
現在、家族(被扶養者)の保険証なら、「扶養に入っている」と言われます。保険料は無料です。いわばオマケの存在=稼ぎのない親族って扱いです。
今後一年間の収入見込みが130万円未満との条件があります。そこまで稼げたら、オマケ扱いは失礼ですものね。
あなたは、既にこの条件を外れています。バイト収入では、月給10.83万円(≒130万 ÷ 12)を超えたら、今後の1年間で130万を超える見込みと言えるからです。累積金額(90万円)で判定するのではないのです。
いますぐ親御さんに、扶養から外す手続きをしてもらいましょう。会社の指摘で外さざるを得ない状態に追い込まれると、月給10.83万円を超えた月にまで遡って保険証を抹消されかねません。自己申告で外すのが賢いのです。
2.あなたの健康保険
社保の扶養から外れれば、バイト先で社保に入るか、自治体の国保(国民健康保険)に入らねばなりません。
好きに選べるのではありません。バイトの勤務時間が、その職場の条件を超えれば、社保に入らねばなりません。入らせるのが、会社の義務なのです。学生のあなたに適用される条件は、週30時間以上(正確には、概ね正社員の3/4以上)勤務した場合です。収入は関係ないので、1.の扶養を続けられる収入でも、勤務時間が多ければ、自分の職場の社保に入らねばなりません。
「かけもちバイト」なら、一つの職場で週30時間には達しないことでしょう。ならば、社保には入れず、国保に入ることになるでしょう。
国保の保険料は、自治体により様々です。保険料は年度(4月~翌年3月)単位で計算され、前年(今なら、平成29年1月~12月)の収入が基になります。昨年の収入が少なければ軽減措置もありますので、加入の際に自治体窓口で相談するのが賢いでしょう。保険料の目安は、
3.親の社保の扶養に戻れます、条件を満たせば
既に1.に書いたように、「今後一年間の収入見込みが130万円未満」と証明すれば、扶養に入れます。少なくとも、最近3か月の月収入が10.83万円未満を示さねばならないでしょう。
とは言え、6月に収入増で扶養を外れた大学3年生学生が、大学生のうちに「もう稼ぎませんから」と言うだけで信用されるか、?ですけど。例えば、ケガ・病気で稼げなくなったとか、女性なら妊娠したとかの、客観的事情を求める担当者が多いのかなと思います。あくまで、私見ですが。
4.あなたの年金
大学3年なら国民年金に加入されてるでしょう。学生納付特例を利用して、保険料の納付を猶予(先延ばし)されていることでしょう。
ですが、もし2.で社保に入れば、セットの厚生年金保険にも加入することになり、学生納付特例は終了します。保険料を天引きで払います。
もし、2.で国保に入れば、国民年金で継続します。学生納付特例には所得基準(118万円+扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除等)があることにご注意を。所得118万円は、バイト給与収入では194万円程度に相当します。今年これを超えれば、大学4年生の学生納付特例は承認されないでしょう。
5.親の所得税
子供のバイト収入が103万円以下なら、親は扶養控除を申告して、所得税を減らすことができます。昨年もバイト収入103万円を超えていたなら、いまさら影響は有りませんが、今年初めて103万円超えなら、注意が必要です。年末調整の時期に、親に自分の年収見込みを伝えるのが賢いでしょう。
6.あなたの所得税・住民税
一般には、バイト収入103万円を超えれば所得税を納めねばなりませんが、「勤労学生控除」
勤務先が一つなら、そこで「年末調整」をしてもらえば、所得税の処理は終了です。かけもちバイトのあなたは、「年末調整」を受けても受けなくても、確定申告しなければ、適正な納税額にはなりません。税務署に行くか、郵送で申告書を提出します。すべてのバイト先の「源泉徴収票」から転記し、提出します。
確定申告のことは、今のうちから「確定申告書等作成コーナー」