夫と性格の不一致で離婚する方向で話し合いをしております。 1ヶ月程

夫と性格の不一致で離婚する方向で話し合いをしております。 1ヶ月程前から別居中です。
子供がおり現在11ヶ月です。私は24歳です。
私達の勝手な都合で離婚する事子供に対し本当に申し訳なく思っています。
シングルマザーでこれから子供と2人で頑張っていこうと思っていても金銭面で不安があります。
つい最近託児所付きの職場で扶養内として働き出しました。
元々まだ働く予定はなかったのですが、夫から「仕事してないから仕事してる俺の気持ちがわからないんだ」「仕事してないから友達がいないんだ」「仕事してないから〜」と言われ続け仕事をしようと決めたのですがその頃には保育園は空きはなく悩んでいたら今の職場で働いている知り合いから紹介され働く事が決まりました。
しかし、離婚すると今の仕事では金銭的にも将来的にも働き続ける事は出来ませんが知り合いからの紹介という事ですぐには辞められないのでその事を夫に話し、離婚は少し待ってもらう事になりました。
そこで、資格を取る為に今空いている時間で簿記の勉強をしています。
結婚前はずっと一般事務の仕事をしていたのですが、経理の方が給料がいい事と将来的にもいいと思い勉強しています
ですが、簿記の勉強をしている内に税理士を目指したいという気持ちが強くなりました
とても難易度が高い事はわかっていますが子供の為に挑戦していきたいと思っております
旅行にも連れて行ってあげたいし、子供があそこに行きたいと言えば行かせてあげられて、あのおもちゃが欲しいと言えば買ってあげられるようにしたいです。
贅沢は出来なくても子供の希望は叶えてあげたいし、父親がいなくても幸せだよと思わせてあげたいと思っています。
自分の考えは甘いでしょうか?
AIがどんどん進んできていて、
今後置き換わる職業、というのはご存知ですか?
税理士より格上の公認会計士すら、そこに含まれています。
ですので、これから目指す職業としては疑問があります。
なんでそこ行くのかな? と。
経理などの事務って、目指す人が多い買い手市場だし、
ニーズがないとはいいませんが、微妙です。
ちなみにわたしは簿記は1級まで取りました。
でも、自営業の経理くらいしかやっていません。
知識があってよかったなとは思っています。
性格の不一致というのは、具体的にどんな感じなのでしょう?
というのは、お子さんが小さいから。
妊娠中、産後、子どもが小さいうちって、
夫婦仲は悪くなりがちです。
でも、あなたは生活の不安が出てくるし、
だんなさんだって、離婚歴はない方がいい。
DVなどでないなら、少なくとも数年は努力してもいいんじゃないかと思います。
◆甘いかどうかは分かりません。
税理士にどのくらいでなれるかは、あなたの能力次第でしょうから。
ただ・・不思議なんですが、どうして離婚を決める前・別居前に色々動いてみなかったのでしょう?
幼い子供がいる事も、離婚すれば、働いて子供を育てて行かないといけない事も分かっていたはずと思います。
離婚に向けて動く前に、離婚するとどうなるか考えなかったのですか?
子供の預け先は?とか、自分の就職は?収入は?と、普通は考えるのではないかと思うのですが・・
私も破綻まで専業主婦だったので、なぜあなたが分かりきっていた事で焦るのか不思議な気がします。
DVがあれば別でしょうが、そうでは無さそうなのでね。
しっかり計画して、実行に移せば良かったのにと思います。
その点では、とても甘いと思いました。
子供の願いを叶える前に、自分と子供の生活を支えていかなくてはいけません。
目の前だけとか感情で動くのではなく、計画的に動くよう意識された方が良いと思います。
◆挑戦するのは自由です
まあ、これから先、経理系の仕事は機械がやってくれるようになりつつありますからどうせ目指すなら税理士など上がいいとは思います
ちなみに私はパートで税理士事務所に入りましたけど、その時は無資格でした
はいって2年で自力で簿記3級を取りました(なんとなくとってみようかで受験して1発合格です。それくらい経験に勝るものはないと思いました)
それまで経験があったわけでもないですが(事務職10年)そんなパターンもあります
なので、働きながらにしても勉強しやすい場所というのは大事かなと
これで全く畑違いの仕事しながら勉強は大変だとおもうので
そこの税理士事務所は税務署出身で税理士になった父と30オーバーで学校に通っている後継ぎが税理士目指して勉強中という状態
ほぼ自宅で勉強しているけど5年かかってやっと税理士になれた。と聞きました
大学の再編入だかで科目免除。さらに1科目ずつ潰してようやく
時間もお金もかかったそうです
もちろん自分で事務所を立ち上げればそれなりに収入にもなるでしょうけど、雇われならそこそこ。
立ち上げの場合は「どれだけお客を掴めるか」が最大のポイントですから、そういう能力に長けているかなどもけっこう重要らしいです(顧客をつかむため、税理士は時間があれば集まりに顔出して人脈を広げてました)
マイナンバーの導入で、青色申告なども簡単にできるようになり仕事は減るのではとも言われていますし
そのへんがどうなるかとは思いますが・・・・・
なお、その事務所では簿記2級受けるなら受験費用出すし、合格すればボーナスも出す。さらに1級合格となれば正社員として雇い、それなりの給料も出す。という話でした
いまはどうかわかりませんが、1級取得の事務員がいるというのは事務所としてもけっこうな箔になるのか待遇よかったりもあったようです
でもいざ税理士になるとなれば客の取り合いだから煙たがられたりw
いろいろと難しいとは思いますが、どのみち一歩ずつですから高い目標は何よりです
どんどん入力スタッフが減っているのもあり(会計ソフトの発達等)、税理士事務所で働けるチャンスも減っていると聞きますから、動き出しのタイミングでチャンスが半減する可能性もあります
そのへんはよく考えておいた方がいいかもしれません
頑張ってください
◆全然甘くないですよ、ちゃんと考えているのでしょう。ただ少し焦りを文章から感じます。あなたがまだまだ野心、向上心持っているのは良いことですがまだ子供さんが小さいうちは無理に収入に執着せず、国からの援助をもらいそれから無理なく働くほうが良いかもですね。1歳の子供さんがいる環境ではとても勉強には集中できませんよ。3年ぐらい待って落ち着いてからでもいいように思います。子供に色々してあげたい気持ちはわかりますけど、あなた自身がまず落ち着いて生活できる事が今は最優先だと思います。
◆税理士の資格は5科目取得必要です。
お子さんを見てもらえて勉強出来る環境にあれば頑張って!と言いたいところですが、それでしたら税理士事務所にまず入る事を目指してはいかがでしょうか。
私は子どもが幼稚園のときに勤務していましたが、科目資格なくても補助業務もありますし、実務で頑張ればお給料も考慮してもらえました。
◆甘くはないけど児童手当と扶養手当の手続きはちゃんとしましょう。
今の御時世で資格とか持っていたほうが面接に受かりやすいからね。
でも子供に言われたら全部やることはよくないと思いますよ。
全部聞いていたら言えば何でもしてくれると勘違いして子供が大きくなってからはなおりませんよ。
助けてもらえるんであれば親にも少し助けてもらえば良いと思いますよ。
旦那からは慰謝料は難しいんっだたら子供が成人になるまでの養育費ももらいましょ。