妊娠中の旦那への恨みが忘れられずにいます。細々したことは沢山あり

妊娠中の旦那への恨みが忘れられずにいます。細々したことは沢山ありますが、一番腹がたったことを具体的に書くと、
胎児が大きくなってくると、母体の神経を圧迫して起こる腰痛があるのです がそれになってしまい、その状態で皿洗いをしたら前屈みキープの姿勢が悪かったのか痛くて痛くて四つん這いで少しずつしか移動できなくなってしまったことがありました。そのときゲームをしていた旦那に「ほんとにそんなに痛いの?」と言われました。演技かあてつけかなんかだと思ったんでしょうか。ムカつきすぎて離婚を考えるほどでした。
あなたとの子どもを私の腹で育てているから起こった腰痛なのに。ゲームに夢中だったくせに嫌味だけは言うのか。このことがずーーーっと忘れられず、今も恨み続けています。
しかし子どもが生まれて、旦那は変わってくれました。子どもの面倒はよくみるし、専業主婦の私にもリフレッシュ休暇を作ってくれます。ゲームも中毒みたいだったのが嘘のように、我慢してくれています。
なかなか仕事が決まらずずるずると専業主婦をしていますが、文句も言わずに家族のために頑張って働いてくれています。
もういいじゃないか、昔のことは忘れられなくても、掘り返さず恨まずいよう。と何度も思いました。
旦那とは恋愛結婚で、昔も今も大好きです。
しかしこの妊娠中のことを思い出すと、イライラモヤモヤして・・・こんなに恨み続けるなんて私は頭がおかしいのでしょうか。
妊娠中の恨みがあるために、二人目の妊娠も躊躇してしまっています。あんな思いをまたするくらいなら、もう妊娠したくありません。
どうすればこの恨みを忘れられますか?
きっと今後も一生毎日恨み続けます。子どもが大きくなったら離婚したいと思うくらいです。
この一点だけのために離婚なんて馬鹿馬鹿しいですし、どうすれば気持ちに整理がつけられますか。
そのことを旦那様に言いましたか?
言わないとストレス発散にならないです。
男性には妊婦さんの苦しみは解らないですから、旦那様は悪気はなかっと思います。
それでも、あなたは傷ついたわけですから、「ほんとにそんなに痛いの?」と言われて、私はこんなに傷ついたと言った方が良いです。
◆知ってますか?オンラインゲーム依存が治るのは1割ですよ。たかががゲームと言いつつ、そのたかががやめられない謎の思考。ゲーム男のほとんどが結婚して三十路過ぎても家庭よりゲームです。浮気するよりマシ、ギャンブルするよりマシとかクズの発想が出ます。
しかし、旦那さんはその1割に見事に入りました。出来れば許してあげて欲しい。もう少し様子を見て、自分の趣味は二の次、家庭、妻との時間が何より大切、と言う紳士と遜色ないか見てあげて下さい。三十路過ぎのバツイチでネトゲにまだ夢中のおっさんが多い中、旦那さんは良い方だと思います。もう少し様子を…。
◆その思っていることを
ご主人に話してみてはいかがかしら
要するに、あなたはご主人に妊婦の大変さを
知ってもらいたいだけのような気がしますよ
今の世の中、大家族でもない限り
妊婦にふれる経験なんて、なかなかないのです
あなただって、頭ではわかっていても妊娠や出産が
それほどまでに大変だと想像つかなかったでしょ?
人の痛みを自分の痛みのように
感じられる人って少ないと思うの
口では大変そうだとか、大丈夫?とかいうけれど
ほんとうに思いやれるひとは少ない
あなたのご主人は、実際に子供が生まれるのを
経験して、心をいれかえたじゃない
口に出していわなくても
きっと後悔しているんだとおもうわ
でなければリフレッシュの時間なんて
くれないもの
◆二児の父親です。
少しおせっかいさせて下さい。
主様のお気持ち、本当に良くわかります。
何故なら私も同じ間違いをしたからです。
結婚2年目での妊娠。
まだまだ父親としての自覚も覚悟もありませんでした。
主様と同じ様に妻から「苦しいから助けてくれ」と言われようやく妻の辛さを認識できました。
自身に今の状況を投げ掛けられてようやく気付いた自分が情けなくなりました。
子供が生まれた後、少しでも妻負担を減らそうと替わりにあやしたり、抱きあげたりしましたが、泣き止まず結局妻じゃないと駄目だった時は、自分の無力さ故にこっそり枕を濡らしたものです。
こうして子供と一緒に親になって行くのです。
話を聞けば主様のご主人はお子様が生まれて変わられたご様子。
一番辛い時期に最大の理解者からそんな仕打ちを受ければ、もう産みたくないとなるのは必然です。
ですが、はじめての事ばかりです。
沢山辛い事があっても、今のご主人の背中を見られれば答えは出ているはずですよ。
「許す事ができるのは人だけ」です。
過去をなかった事にするのではありません。
振り返るのでもありません。
乗り越えるのです。
そんな主様とご主人なら
きっと幸せな家庭を築いていけます。
頑張って下さい。応援しています。
◆妊娠中、出産前後にされたことは忘れないって言いますからねー。
まだ、
出産から間がないのであれば、
もう少し様子を見ては?
私の場合も、陣痛が始まってからのことで
頭に来ることがありましたが、
育児に協力しようとしてくれる姿勢や、
イライラしている私でも気遣ってくれることなどがあって、
数年経つ頃には
まあ良いかと思えるようになりました。
ちなみに、
男性はホント妊娠の実感がわかないらしいので、
お米なんかを
お腹にヒモで縛り付けるとかで
体験してもらいましょー。
臨月近くなったら、
どんだけ腰がいたくなるか、
少しはわかってくれると思いますよ。
◆すっごい今更だけど、忘れようとしたけど、ふと思い出してはイライラモヤモヤしてしまうことがあって。今後も大好きでいたいからこそ一つだけ文句言わせて。あの時…
と話してみればいいのではないでしょうか。
そのかわり責めるような言い方をしてはいけません。
ご主人は忘れているでしょうから、その時起きた事言われた事を淡々とはなし、
どういう気持ちだったかも冷静に伝えてください。
きっと今は父親の自覚が芽生えているので、それは申し訳ない事をしたと思うでしょう。
あなたの納得する言葉や、反応があったらそれでこの話は終わり。
あなたも今よりはスッキリできるでしょうし、ご主人も今後気をつけてくれますよ。