【決定版】FF14について質問です。 FF14をプレイしているみなさんは何レベのあた…

【決定版】FF14について質問です。 FF14をプレイしているみなさんは何レベのあた…

FF14について質問です。 FF14をプレイしているみなさんは何レベのあた…

FF14について質問です。 FF14をプレイしているみなさんは何レベのあたりから面白く感じましたか?
今のところレベル9であまりたのしくないのですが……

アンサー

新生のころに言われていたのは、
レベル50になって2.0(初期実装のメインストーリー)の最後にいけるとある8人でいけるダンジョンをクリアするまでがチュートリアル
まず、(キャラクターのレベルではなくクエストのレベルが)
14程度までは自分の出発した土地ぐらいにしかいけません、
一応例外的な方法を使えば多少は移動できますが、基本的にはそのころのプレイヤーは冒険者としてやってきた流れ者です
(一般的な?冒険者っていう存在がどんな感じなのかは、…メインでは若干しか触れられず、NPCに話しかけることで聞ける内容もあるので全部は語りませんが、最初のころにいける3つのダンジョンが解放されるタイミングなどで、ダンジョンのまわりにいるNPCに話しかけてみると…ちょっとはわかったりします)
それが、最初は町の人たちからの依頼をこなしていく中で、少しずつ認められてゆき、この14ぐらいのタイミングで3都市の代表者からほかの都市への移動許可をもらえる話に発展し…
ここからがようやく冒険の始まりという感じで、
クエストのレベル15あたりから、
他プレイヤーとの協力によるID(インスタンスダンジョン)
ダンジョンの最深部まで進みボスを退治するものへと参加可能になります
さらにそこでも冒険者としての実力を示してゆくと…
冒険の序盤でプレイヤーがときどき、エーテル酔いと間違われた現象…その話にも触れられて…さらにエオルゼアに迫る、二つの脅威ともかかわることになります…
繰り返しますが、最初は主人公は英雄でも何でもない、
ただの流れ者の冒険者です、まずは信頼されることからが始まりです
スキルもまだダンジョンで戦えるほどには育ってません、
15あたりで一応基礎の基礎ぐらいはそろい、
そこから少しずつ増えていき、50の時点で新生のスキル回しができるようになり、
50~60は、新生の2.0からパッチで追加されたお話を越えて
2.55を経て、とある理由からプレイヤーはイシュガルドへ向かいます
蒼天ではジョブのクエストで技が増えるので、このレベル帯は
蒼天へと進まないと新技を覚えません
そして蒼天のイシュガルドにおける竜詩戦争へと関わり、
最近実装されたのは、十数年前帝国侵攻を受けて
帝国の属州とされたアラミゴのあるギラバニア、
そして海の向こう…そこへとつながる物語です
基本的に、読み物のようにメインストーリーを読み続けるわけではなく、
メインストーリーは細切れのメインクエストという形でプレイヤーに提供されます、
メインクエスト(燃えてる円の形をしたメテオのマーク)を追うことで、物語は少しずつ進んでゆき、
サブクエストはやってもやらなくても基本的には問題ないです、やることで開放できる要素があるものはちょっと色がついて区別されてます
それらは一つ一つはお使いにすぎません、
サブクエストは新生のころはかなりめんどくさいのもありますし
え、そんなことやりたくないっていうのまでいろいろあります
基本的には優遇鯖ならサブクエほぼすっとばしても大丈夫な速度でレベル上がりまし、それ以外でもサブクエストとメインクエストとあと少し遊んでれば初期にレベルで困ることはほぼないぐらいの速度で上がっていくはずです
基本的に、このゲームは、カンストしてからが本番です
最初に書いた50がまず一つ目の、
50で行ける2.0のラストのメインクエストが終わると
数日程度ではやりつくせないレベルのダンジョンがいっきに解放可能になり、より強いボスにも挑めますし、
そのまま蒼天、紅蓮へとつながっていくメインクエストを
続けていき様々な問題に対処させられていく道もあります
レベル10になって、初期のクラスのLv10のクエストを終えると
他のクラスへの転職も可能になり、
たとえばギャザラークラフターのような
戦闘以外の職も可能になります
レベル15になると、おしゃれ装備等を自分の装備の上に幻影で投射して、おしゃれ装備の見た目で戦闘できるようになる要素も解放されます
レベル20をもう少しすぎるぐらいで…自分のチョコボを入手可能なクエスト等もあり…それによってそれまで徒歩で歩いていた世界を高速で移動できるようにもなります、
さらにチョコボは蒼天にはいると…フライングマウントという、空を飛ぶ要素に発展もしていきます、
紅蓮にはいれば、海に潜る要素も追加されます…
そうして…すこしずつやれることが増えていき…
このゲームにはカンスト後に経験値を貯めるという成長要素の代わりに、装備を更新することで強くなる要素があります
それに伴ってより強い武具を手に入れるのも一つですし
それを手に入れるために日課を過ごすこともあれば
強敵を倒してそのドロップをねらって周回することもあります
ハイエンドと呼ばれる難関レイドをクリアするために
試行錯誤するのも一つですし、時には他プレイヤーの行動を見てそれを自分でも試して先に進むこともあれば、最先端までたどり着いて、自分で攻略法探す遊びに追いつくことで参加することもできるかもしれません…
このゲームでは半年程度に1回、装備のLvが頭打ち…からの積み上げがあり、そこに向けて緩和も行われるので、タイミング次第ですが先頭に追い付くことはそこまで難しくもありません
なにせ、8月に新規キャラで始めた友達は、すでに数十Mの資産を得る程度の生産職として成長しましたし、もちろんエンドに挑める程度の装備もそろってます
レイドに行くだけがゲームではなく、
友達とチャットで雑談するツールとして使う人もいれば
おしゃれ装備をそろえたり、そのSSを取ったりする人もいます
仲間と協力してレイドやボスを攻略することに楽しさを覚える人もいれば、それをつきつめてワールドファースト目指す人もいれば
他人含めてストイックに火力のことだけ考えてる効率主義の人もいます
自分と同じ速度ぐらいで、自分と一緒に遊べるプレイヤー見つけるとまたぜんぜん世界が違うので、LS(チャットグループ)やFC(チームやギルドのようなもの…)に参加するのも一つです
楽しみ方なんて人それぞれで、
なにが楽しいか、楽しくないかの判断は誰にもできません
その人によるので
しいて言うなら、私は蒼天にはいり、さまざまな出会いとそして別れを繰り返し、3.3あたりで訪れるとあるシーンにたどり着いたときの記憶が最も印象に残ってます、メインストーリーで言えば、
体験談から言えば、新生時代のハイエンド、大迷宮バハムートを知り合いの固定で遊んでた頃の…自分たちの力で乗り越えた瞬間の達成感とか…あの、もうあと一歩で超えられる…もう少しだ…というあのドキドキする鼓動とか…人に文字では伝えるのが難しい…そんな感覚を覚えたあたりに…ここまで続けている理由の一つがあります
まずはメインストーリーを進めてみてください
楽しい話も、出会いも、別れも、いろいろを繰り返し
少しずつ主人公である光の戦士と呼ばれるようになる彼(もしくは彼女)は頼られるようになり、それゆえに強敵に立ち向かってゆきます
ただ、そんな主人公も…すべてがすべて英雄らしいかといえば…
もし、若干でも違和感を覚えたら、蒼天にはいったら暗黒のジョブクエとか進めてみるのもおススメです…
クラスのクエスト、ジョブのクエスト…生産職のクエスト
それらには節々に区切りがあり、一部オチが微妙なのもありますが
それぞれ一定の子気味良い結末があります、それらを見るのも楽しいですし、
世界全体に視野を向け、そこに住まう人たちそれぞれの小さな物語を見ていくのも一つです
サブクエストにもメインクリア後におもしろい…というかおかしいのもまじってたりします…
どこかで…楽しいを見つけられるといいですね
◆マッチング機能を使い、ダンジョンに潜る時期(Lv15)辺りでしょうか。Lv9前後は独りで黙々とする事が多くて、遊んでいるというよりは作業感が強くて私も楽しくなかったですね…。でもマッチングした時は、やはり誰かと一緒にプレイすることが楽しいと感じましたね。そこからレベルアップが加速し、使用できるアクションが増え、ストーリーも進み気がづけば、どんどん先に進んでいました。とまぁここは個人にもよるので、まずはダンジョンに潜れるようになりパーティプレイを体験してから判断しても遅くはないと思います。
◆うーーーん。
私はレベル15辺りからですね。3国を行き来できるようになってからは、フィールドの地図を埋めたり、冒険することに夢中でした。
ff14は中世の外国がモデルになっています。
私は、仕事柄海外旅行に行く時間も機会もないので、オンゲーで異国を巡って百景を見れるのはすごく有り難いです。
なので、戦闘とかよりは新しいフィールドを歩き回ることのほうに時間をさくことが多いです。
ストーリーだと、蒼天編の少し手前くらいからでしょうか。霊災など訳分からんと思っていたので、本格的に物語の筋が掴めて楽しくなってきたのはその辺りからでした。
いつから楽しくなるかよりも、なにに楽しみを感じるかだと思います。
別ゲーな経験があるならそこから楽しみを見つけてもいいですし、なにがしたくてff14を購入したのか、考えてみてはどうでしょうか。
漠然とした意見になりましたが、参考になればと思います。
ちなみにff14は色んな娯楽が揃ってますので、ある程度レベルを上げて、娯楽に触れる機会があったらぜひチャレンジしてみてはどうでしょうか。
◆私は、最初から面白く感じてましたね。
夢中でやってましたから・・・
昔は、無料期間が2週間くらいだったかな?
間違いなく有料課金コースだわ~とワクワクしてましたよ。
久しぶりにMMOをやったので、やっぱ楽しいわああ~
という印象です。気が付けばクラフターやギャザラーまで
カンストしてしまい、好きなことをやっている毎日です。
時々、3国周辺に行くことがありますが、初心者の方がレベル上げのためか
FATEやってるの見ると、なんだか楽しそうでね。仲間に入って遊んだりしてるw
知らない人同士でも、行動が同じやレベルが同じであったら、
おー仲間がいるなあ~って思えば楽しくないです?
◆結局FF14はスキル回しに夢中になれるかが全てです。
最終的に20種類を超えるアクションを駆使して戦うことになりますが、レベルが低いうちは同じ技の連打、ループもわずか数秒とつまらなさのオンパレードです。
個人的にジョブに関してはジャンピングポーションで60まで上げるのが一番精神衛生上よろしいと思います。
スキル回しを詰める楽しさを見出せると、低レベル帯でも創意工夫する過程で楽しめますが...。
現状Lv70を大前提にスキルは調整されているので、どのジョブも奥深く楽しくなってくるのはLv70付近だということは間違いないです。
竜騎士を例に出して考えてみても、Lv30でヘヴィ→トゥルー→ヴォーパル→フルスラストの繰り返しに対して
Lv70では9種類のWS+11種のアビリティ+2ループ目の攻撃法変化とまったく別物に変わります。
FF14最大の面白さはスキル回しにあり、スキル回しはLv70を前提に調整されている、という事を考えると低レベル帯で面白くないというのは誰もが抱く感情だと思います。
◆低レベルでもメインクエストを進めてるうちは楽しいかな。
私はβテストからやってますし以前FF11もやっているのでこの手のゲームに慣れてしまっていますが、まあ現在ならレベル50までは全てチュートリアルと考えてもいいです。
レベル9なんて初歩にも満たない段階なので、とりあえずメインクエスト進めると良いと思います。
レベル15で初ダンジョンでのパーティプレイもありますし、50になれば一気に色々なコンテンツが解放されます。
まあ今はレベル70になって全てのスキルが出揃って初めてこのジョブ楽しいとか楽しくないって思いますけどね。
あとオンラインゲームなのでソロでやっても微妙だと思います。
いかに仲の良いフレンドを作れるかですね。
気の合う仲間ができればチャットしてるだけで楽しいですから。


質問タグ:FF14,ダンジョン,イシュガルド,Lv70,レベ,蒼天,冒険者

【効果抜群】結婚しないといけない風潮は何なのでしょうか? 今大学生の男ですが、…

結婚しないといけない風潮は何なのでしょうか? 今大学生の男ですが、…

結婚しないといけない風潮は何なのでしょうか?
今大学生の男ですが、結婚や子育てに魅力を感じません。周りの人達は○○までに結婚したい等と言い合ってますが、自分は一人の時間も好きなので全 く引かれないんです。
モテないから結婚がそもそもイメージ出来ないとも違うと思います。寧ろ人並みよりは恋愛経験もあると思います。
子供は愛しいものかもしれませんが膨大な育成費用が掛かる事は有名です。また、若い頃遊ぶだけ遊んできた女性が限界が近づいて奥手の男性を捕まえるのもよくある話ですよね(逆もあるかもしれませんが)。
結婚は世間体は良いかもしれませんが、自分の多くを犠牲にしてまでするメリットを感じません。現在婚約している方の中でも「この人とずっと居たい」ではなく「このくらいの容姿と収入で妥協するか」といった方もいるのではないでしょうか?
最近ではある婚活サイトの20後半~30代の登録数も年々増加しているとか。婚活ビジネスというワードまであるそうですね。
何故そこまで結婚に拘るのか。結婚していないと危ない人みたいな考え方はどこから出てくるのか教えてください。

アンサー

若い頃同じ事を考えて、生涯ひとりでいいと思った時期がありました。私は女性ですが、女として馬鹿にされずに一人の人間として独立独歩で堂々と生きていきたいと思っていました。夢や目標もハッキリしていましたし、邪魔なものは要らないなと。20代前半位の頃の話です。
なんと30代半ばになって結婚してお腹に子どもまで居ますがこうなってみて解ることもあります。
夫婦関係を良好に健全に保って家庭を運営していくのは中々に大変なもので、そもそも他人と家族になる訳なので妥協点や落とし所を上手く作っていかないと直ぐに破綻する、双方にはそういう努力義務が存在します。
夫婦関係作りや子育てを通して、無理矢理忍耐力と許容力を養わざる得ない状況になる。許容と忍耐無しには夫婦関係も親子関係も健全に成立しません。相手の人生を背負って立つ覚悟と決意も必要。夫が長期入院や重症疾患になる等したら自分が大黒柱になる訳なので、男女は関係ありません。
つまり、40・50代以上の結婚して家庭を安定させ出世した人がよく既婚者をより評価するのは人間としての許容力や器が鍛えられている大人だと判断しての事なのかなぁと最近思うようになりました。自分以外の人間への責任を背負って歩ける責任感とか。既婚者全てがそれが出来ているとは言えないのが現実ですが、しっかりやろうとすると夫であれ妻であれ結構な重責ではあります。
別に独身を貫く人でも器の大きな人は居ますから縛られる事も無いとは思います。
夫婦関係作りも、妊娠中の苦難も夫婦双方、忍耐力だけは荒々しく鍛えられているように感じます。今はその分家庭を作ることにその重責や苦難を乗り越えるだけの価値を感じます。こればかりはやってみないとわからない価値観です。
人生の選択肢も価値観も沢山あって良い。
ただ、一人で生きるならば後輩や後継の育成等に携わった方が晩年の人生は豊かで鮮やかだと私は思います。
◆どんな生き物も子孫を残すために生きていますが
結婚しない=子孫を残さないあなたは
なんのために生きているのでしょうか?
◆私も魅力はありませんでしたが自然と結婚し、そうなりました。
学生時代は友達と暮らしてって夢の話をしていましたよ。
結婚に拘る人…拘っておられるのかは不明ですがある程度の年齢になると親や親戚に結婚の話をされると思います。また周りの友人もどんどん結婚し子供を授かりSNSなんかに載せてるのを見ると結婚もいいなー、そろそろしないとなっとか思うんだと思います。
結婚してないと危ない人って言うのはおかしいですよね。私は結婚しない人生もありだと思います。幸せな生活をするのが一番ですし、兄弟の誰かしら結婚し親に孫を見せてくれたらいいかな?って思ってました。
結婚して幸せかと言われればYESとは言い切れません。でも30代にさしかかると周りの友人も親や親戚に言われるから婚活しようかなーなどの声も聞きます。
まだ大学生ですし、男性なので結婚についてはそこまで考なくてもいいと思いますよ!子供産まなくてもお金さえあれはわ老人施設くらいありますし楽しく老後も暮らせますよ!
あなたが結婚したい人、幸せにしたい人が現れたらしたらいいと思います。
◆老後は一人でいたくないという思いが強いのでしょうね。結婚したらいやでも一緒にいなきゃいけないから。


質問タグ:結婚,世間体,奥手,そもそも,婚活ビジネス,許容力,既婚者

【極悪】IBJで婚活している30代男性です。年収が300万円代半ばだとしても、他…

IBJで婚活している30代男性です。年収が300万円代半ばだとしても、他…

IBJで婚活している30代男性です。年収が300万円代半ばだとしても、他の条件がよければ、女性は相手にしてくれますか?

アンサー

IBJで活動中の女性です。
相手の女性の方が、譲れない条件として年収をあげている場合は、正直難しいと思います・・・。
が、お写真の雰囲気とか(爽やか、清潔感がある)、自己PRとかで「会ってみたいな」と思わせることが大事だし、そこがまず突破しないといけない第一関門だと思うので、その「他のよい条件」をめいっぱいアピールしてください!
・・・と自分にも言い聞かせます(笑)
男性のプロフィールを見ていて、写真の雰囲気(スタジオで撮っていても何だか背景が暗い方、あるいはスナップ写真)や自己PRの内容(自分のPRもですが、担当さんのPRが明らかに適当だったり・・・)で損してるなぁ・・・という方、結構いらっしゃいます(^-^;
お互い頑張りましょう(^o^)
◆他の条件による。
例えば総資産が億超えてるとか。
資金に直結する事であれば相手にしてくれると思います。
◆他の条件とは?
◆出来ませんね。
ただし、実家がお金持ちでこの先安泰なら大丈夫だと思います。


質問タグ:IBJ,条件,年収,300万円代半ば,相手,担当,お金持ち

【!】お見合い、婚活写真とるときには、撮影以外にもヘアセットやメイクも…

お見合い、婚活写真とるときには、撮影以外にもヘアセットやメイクも…

お見合い、婚活写真とるときには、撮影以外にもヘアセットやメイクもやってもらいましたか?
仕事都合で、気になっているスタジオが、忙しすぎて撮影だけしか予約とれません。是非、ヘアセッ トやメイクも依頼したいです。
撮影がとくに評判よいので、撮影のみ依頼して、美容室とかでヘアセットとメイクするしかないでしょうか?

アンサー

こんな忙しい時期じゃなくても、他の時期に予約を取り直したほうがいいと思います。
それか、メイクなどはヘアサロンでお願いして、撮影に向かうしかないと思います。


質問タグ:ヘアセット,メイク,お見合い,撮影,婚活写真とるとき,忙しい時期,ヘアサロン

コメント