○死産について 4日前に29週の我が子の死産が告げられ、2日前に可愛い

○死産について
4日前に29週の我が子の死産が告げられ、2日前に可愛い可愛い女の子を出産しました。
母親の勘というか…
今思えば何となくどこかで覚悟が出来ていた気がします。
胎動が 凄かった我が子の胎動がなかなか感じられず、ただ羊水が多目だという事を理由に自分に“大丈夫”と言い聞かせて居ました。
そんな中マタニティマッサージを受けた後、普段なら気をつけているはずの階段をすべり尻もちをついてしまい、その事を旦那に伝えお腹は打ってないけど念の為診てもらおうよ。と。
その日のうちに死産が確定。
あまりお腹の中に居る時間が長いと母体への影響もゼロじゃない事・赤ちゃん自身が溶けてしまう事を説明され翌日には入院し、子宮口を広げ→陣痛促進剤を打っての出産。
産ぶ声が聞けないってわかってての出産が精神的にどれだけしんどいか…
でも、我が子に会えるなら!
ずっと支えてくれた夫に合わせたい!
それだけ。本当にそれだけでした。
産後赤ちゃんを綺麗にして下さり可愛い服まで準備してくれた看護師さん達。
すぐに家に買い揃えた物を取りに行ける時間も余裕もなかった私達には本当に有難い気遣いでした。
足形も手形も取って下さり…3人で過ごす時間も作ってくれた。
人の優しさに感謝する事が出来たお産でした。
今の気持ち…
死産という事を受け止めているはず。
とても悲しい事だったのは間違いない。
なのに、
早くまた妊娠したい。
これって単に私の中の焦り?
なんなんだろ…
決して今回の我が子を忘れたい訳でもない。
なのに何で早く妊娠を望む自分が居るのか…
同じ経験なさった方居たら教えて下さい。
お気持ちお察しします。
私は死産というか、生きたまま出産でした。
安定期に入ってからの検診で無脳症が発覚し、数日後に入院。
忘れもしません、10月19日発覚。
個人病院から私立へ移動させられ、母体を守るため、その日に「あきらめてください」と言われました。でも入院はは10月23日からでなきゃできない。人生で最悪の5日間。食事をしたのかさえ思い出せません。
その間もずっと胎動があるんです。
お腹の中では生きられるけど外に出たら死んでしまう。
ならいっそ私も一緒に死にたいとまで思いました。
分かりますよ。
陣痛促進剤の痛みを我慢して頑張って産んでも
温かい手で包んであげられない悔しさ。
お布団の上に寝かせてあげられない悲しさ。
聞こえるのは産声ではなく主人のすすり泣く声。
綺麗にしてもらった我が子は驚くほど主人に似ていましたよ。
ちゃんと火葬してもらって、小さいけれどお墓も建ててもらって。
戸籍には載らないけれど、立派なうちの長男です。
つらかったのは、お腹に居ないってわかってるのに
自然とお腹をさすっていることでしたね。
そして子供がいる場所に行けなかったこと。
妊娠を報告していた方々に
「いつ生まれるの~?」って聞かれて
「残念だけど…」って言わなきゃならなかったこと。
あれから1年半たちました。
正直、すぐにでも子供は欲しかった。でも不安しかなかったんです。
またあんな思いするのは嫌だと。
今やっと主人と次の一歩に踏み出せたばかりです。
忘れられるわけないんですあんなに可愛い我が子。
忘れちゃいけないんです、出産っていうのは奇跡ってこと。
焦りすぎなんかじゃありませんよ。
むしろ、赤ちゃんが早くお母さんのところに帰りたいのかも
しれませんね(^^
とても悲しいのは事実。
でも前に進まなければいけないのも事実なんです。
だいじょうぶ。
次の妊娠に向けてゆっくりした生活を(^^)
一緒に乗り越えていきましょうね♪
◆私は初期の流産でした。
待合室 会計で泣いて
他の妊婦さん達はずっと下を向いてました
でも 私をチラチラ見てるのはわかってました。
悲しくて悲しく ムカついて仕方なくて
早く帰りたかったの覚えてます。
死産はもっと辛いと思います・・・
早く次の子が欲しい気持ち分かります。
私も流産後1回目の生理が来る前から妊活してます。
今月末で2回目の生理予定日です。
忘れたい訳じゃない
てゆーか忘れられないし
代わりが欲しい訳じゃない
あの子の代わりなんていない
寂しさ埋めてほしい訳じゃない
なんて言ったらいいか 私にも分からない
でも 早く妊娠したくてしたくて・・・
分かる。めっちゃ分かる
◆私は死産は経験したことは無いですが半年前の9月に流産しました。
自宅のトイレで塊がボトンっと…
でも12月に妊娠して今は順調です。
あまり妊活に焦りを感じずゆっくりでいいと思います。
何気に次の妊娠もそう遠くはないと思いますよ。
私も流産から1度の生理を見送っての妊娠でしたので思ったより早くてびっくりしました!
またすぐにあなたの元へ命が戻ってきます。
心配しないでください。
とても辛い経験でしょうが、やはり母親というものは強いです。
今は焦らず死産してしまった子のことを考える時間も必要かもしれませんね。
体と心をしっかり休ませましょう。
お大事にしてください。
◆私も昨年3月に5ヶ月前に自宅のトイレにて出産しました。赤ちゃんと胎盤が一緒に出てきました。前日少し痛いなぁって位でした。朝7時旦那を仕事にだし、数分後トイレに行き、その時に血の塊が、出て、まさかと思ったら、数分後に出血し,赤ちゃんと胎盤が出てきました。すぐに旦那&病院に電話して,旦那に急きょ帰ってきてもらい(その間に入院準備&赤ちゃんと胎盤を袋に入れてタオルでくるんであげました)、病院に行きそれから,すぐに赤ちゃんを先生に渡しました。私は処置室に入り、胎盤がまだ残っているか等診てもらい、処置してもらいました。赤ちゃんは,隣の別室にしてきれいにしてもらいました。どうしますか?赤ちゃんますか?と聞かれたので,旦那だけ対面することにしました(私はトイレ便器から取り上げた時にみてたし)。後日,箱に入った赤ちゃんと対面しました。エコーで見たときのままでした。男の子でした。手形と足形を先生に可愛く取ってもらい,可愛いカードにしてもらいました。
私は,4日間で良かったので、良かったです。退院の10日後に火葬に行きました。赤ちゃんの遺骨は残らないだろうと聞かされたのですが、私は絶対に、残っていると信じて、火葬している間ずっと祈ってました。火葬が終わり、遺骨になった赤ちゃんは全て残ってました。細くて小さな骨でした。残ってたから、良かったです。今は家で安置してます。ぬいぐるみやおもちゃやお菓子等を供えてます。
49日になるときに水子供養に行き、数ヶ月後に妊娠発覚。こんなに早く妊娠するとは思わなかったけど、嬉しかったです。4ヶ月の時に母子手帳もらいに行った帰ろうと立ち上がった瞬間、尿漏れ?破水?したので、びっくりし,まさかと思い,トイレに行き、見てみたらパンツ&スカートがびしょびしょでした。鮮血があり、すぐに電話して、病院に行き、そしたら、切迫流産でした。安静にし,不安や心配だらけでした。色々とありましたが、今は,無事に臨月になり、いつ産まれてくるか分からないけど、やっと安心できる様になりました。来月死産した子の一周忌と私の出産があります。
あなたの気持ちもわかります。今は泣いてください。たくさん泣いてください。落ち着いてきたら笑顔で笑ってください。天国に行った赤ちゃんがいつでも見守ってくれてます。いつか分からないけど、私のように弟か妹を連れてきてくれるはずです。それまで、無理せず、焦らず頑張って下さい。焦りは禁物です。今はゆっくりしてください。不安や心配はあるはずです。また,繰り返しなるのではないのか等。私もありました。その時は,誰かに聞いてもらったりしてください。