レイプされた女性は、中絶反対の人間だとします。出産後に統合失調症

レイプされた女性は、中絶反対の人間だとします。出産後に統合失調症などの精神障害が悪化して子どもの面倒が見られない場合は、児童養護施設に預けるべきですか?
被害直後は、妊娠しているかどうかわからないため、婦人科で緊急避妊ピル(モーニングアフタピル)を処方してもらい服用します。望まない妊娠を防ぐための薬です。
レイプ被害者はそもそも妊娠しないように婦人科にいくので、妊娠しません。
母親が精神障害で薬を服用しているのに妊娠した場合、奇形といった障害児が生まれる可能性があります。
胎児に影響しないよう妊娠中は精神障害の薬が飲めなくなるので、精神障害は悪化します。
精神障害が重く薬が必要な場合は、妊娠はしないように精神科医から言われます。
精神障害は妊娠中にマタニティーブルーで悪化することが多いため、妊娠しないように避妊します。
精神障害がない人でもホルモンバランスが崩れ産後鬱になるのはめずらしくありません。
泣いている赤ちゃんで精神状態がおかしくなり産後赤ちゃんと心中をする女性がいるので、親族が赤ちゃんの世話をするか、赤ちゃんの里親を探す、ということになりそうです。
もう一度繰り返しますが、レイプ被害者は被害にあったあと望まない妊娠はしないように避妊薬を使います。
排卵日ごろのレイプであれば受精卵が着床しないようにピルを使うだけの話です。