殺されたい死にたいと思ってしまう。 私はじゅうぶんに幸せを感じてい

殺されたい死にたいと思ってしまう。
私はじゅうぶんに幸せを感じています。新婚で子供もお腹の中にいます。義父義母も優しいし何一つ不満なことがありませんというのは誇張していますが、ま あそんな感じです。
私は双極性障害と呼ばれる躁鬱でもあり、なんとなくマタニティブルーっぽいなとも思っています。
これが一時的なものと自覚してはいます。
でも、つらいというか…死んでしまいたくなるというか。
夫に首を絞めて殺してもらえれば幸せに死ねるのになあ。
と思いますが大迷惑というか背徳的な考え方だと言うのも重々承知で無意識で考えてしまいます。
つらいです。こんな意味わかんないこと考えていたくなどない。言葉に出してしまいそうで怖いし困らせたり迷惑かけたくないのに。
こんな気持ちを抱える人は他にいるんですか?私のこの気持ちを共感してくれる人はいるのですか?
殴り書きでごめんなさい。
自殺願望と希死念慮の違いをご存知ですか?
文字の通りなのですが、自殺願望は自分で自分を殺したい願望があり、実行に移す可能性が高いもののことです。
希死念慮は、死を希望してはいるもののぼんやりとしたもので、すぐに実行へ移すものではありません。
私も時期により、希死念慮を持っていますが、希死念慮では悩まなくなりました。
私の希死念慮は自殺を望むものではなく、事故や病気など他人から見て仕方ない死に方であればいつしてもいい、できればキレイだったりドラマティックな死に方ができたらいいな、というものなので、大切な人を悲しませるつもりではないからです。
もしかしたらあなたもおおよそ、そのような感じなのではないかと感じました。
確かに口にしたらまわりを困らせてしまうかも知れませんが、旦那様に殺してもらえれば幸せ=旦那様をそんなにも愛していらっしゃる、ということもまた真実だと思いますので、口にするのは旦那様向きの方だけにしてみてはいかがでしょうか。
もしどうしてもという場合はまずそれを医師へご相談されることをおすすめします。
ご出産してお乳をあげている間は難しいですが、希死念慮に効果のあるお薬もあります。
まずは玉のような赤ちゃんが無事にお産まれになることをお祈り申し上げたいと思います。
◆一緒に死にませんか?
◆エックハルトトールという人が書いた「ニューアース」という本を読んでください。あなたのその意識の性質はまさしく「自我」による二元的な自己定義を表しています。おそらく病院では病気や障害として認知されたんでしょうが、それは人類誰しもが持っている「自我の性質」です。あなたはたまたまそれが人より強く出ているだけで、程度の差はあれ人類みなそういう性質を持ち合わせています。
現代の西洋医学(心理学)の間違っているところは、自我=自分だと勘違いしているところです。あなたも勘違いをしています。夫に殺されたいとか、死にたいとか思っているのは「あなた」ではありません。それは自我の性質であり、一種のフィルターのようなものです。
とにかく、エックハルトトールの「ニューアース」を読んでみてください。読まないと始まりません。自我の仕組みを知らなければいつまで経ってもあなたは苦しまなければなりません。
本当に騙されたと思って読んでみてください。苦しみから抜け出す答えが載っています。