妊娠14週になる初妊婦です。 最近になり不安が強くなりとても苦しいで

妊娠14週になる初妊婦です。 最近になり不安が強くなりとても苦しいです。長文になります。
前回初めて質問した時にも書きましたが私は双極性障害2型で7年通院しております。
先月34歳になりました。
断薬するにはリスクが高い為、心療内科、産婦人科両方に断薬する事は反対されてます。
でもやはり赤ちゃんには影響ない薬と言えど、普通の妊婦さんよりは赤ちゃんになにかしらの影響があると思うんです…。
年齢もギリギリ34歳の出産になりますし、長年治療して来た間、まともな生活も出来ていなかった時期も長いし…無事に元気な赤ちゃんが産まれるとはどうしても思えなくて…不安しかありません。
出生前診断を受けるかも悩んでますが、仮に障害があると確定したとしても中絶をする覚悟も出来ないと思います…でも私の持病がある為に障害児を育てるにはかなりの無理があるかと思います。
(矛盾していてすいません…。)
勿論、産まれてからの障害がある事も理解しているつもりです。
そんな事を色々と考えてしまい…
私には子供を持つ事はやはり無理なのではないか…と最近になって不安しかなくお腹が少し出てきましたが赤ちゃんの成長が怖くて余計に不安になってしまっています。
こんな気持ちでマタニティライフを過ごすくらいなら、赤ちゃんを諦めた方がいいのかな…って思ってしまい苦しいです。
こんな時に重なって旦那がたまたま激務で夜勤で帰宅出来ない時もあり、余計に不安が募ります…。帰宅出来た時も疲れがたまっているのが目に見えて解るので、なかなかゆっくりお話も出来ない状況です。
私自身、実の親とは仲は悪いし…とても頼れる状態ではありません。
今はつわりもあったりで体調も万全ではない為、ひきこもりがちだし余計に気分が落ち込みます…。
ワンコを飼っているのでそのワンコだけが私の頼りです…ひとりじゃないって思えるだけで少し気は楽になれています。
長くなってしまいすいません…。
読んでいただきありがとうございます。
私のただの心の叫びのようになってしまいましたが…私はどうしたらいいでしょうか…?
精神的に不安定過ぎて結局何が言いたいのかわからないような質問になってしまいました……申し訳ないです。
なにか客観的に見て思う事、経験談、アドバイスなど…こんな質問ですが良ければ回答お願いします。長文失礼しました。
不安でしたら、出生前診断や胎児ドックを受けられたらいかがでしょうか?
絶対に可愛い赤ちゃんが産まれる!とか、それで障害者だったら?何で何も見てない方が絶対とか言い切れるのか意味が分かりません。
また、中絶は殺人とありますが22週までは法律で認められています。他人の無責任な意見や価値観なんて気にせずに、ご主人としっかり話し合うべきです。2人の子供。育てるのも責任も自分達であり他人ではありません。
障害者でも命とか、育てるべきという意見の押し付けはただの綺麗事です。今はダウン症でも平均50歳まで生きるそうです。その頃には自分達は84です。子供が自立し働けない場合、子供の面倒を見れますか?
私の母の弟は障害者です。子供の時は普通の子でしたが思春期を過ぎ統合失調症で障害者になりました。重度なのでパッと見は発達障害みたいな感じです。一度も社会人にもなれず実家の家業の手伝いも出来ず、五歳児としゃべっている感じです。当然、結婚も出来ずに施設と実家を行ったり来たり。
祖母と祖父が亡くなり、唯一の兄弟の私の母が責任を取って面倒を見る事になりました。同居するのも大変なので施設に入れましたが、毎月10万以上かかります。自分の兄弟だからとこの負担です。母は最初の婚約者とは身内に障害者がいるからと相手親に反対され破談になりました。
自分の子供に兄弟が出来た時に同じ思いをさせるかもしれない…と考えた時に私はそんな思いをさせたくないと思いました。リスクを軽減する為に、出産前に分かる障害なら諦めるのもありだと思います。それは私の価値観です。
不安なので、私は出生前診断をします。自分達でしっかり話し合うべきです。
◆回答ありがとうございます。
そうですね…出生前診断を受ける事は覚悟のいる事なのでよく旦那と話し合って答えを出したいと思います。
貴方様の経験や具体的な未来を教えていただき感謝しています。
誰しもが健康な赤ちゃんを産みたいと望んでいると共に多少なりとも不安を抱えていると感じました。
あまり神経質になり過ぎずに早急に答えを出そうと思います。
◆似たような事例が身近であり、実家はあてにならず相談を受けていました。
姉ですが、ラミクタールとレキソタン内服しながら無事出産しました。
高齢、喫煙歴(1ヶ月前まで)、内服10年以上、拒食過食、過度なダイエット、軽度肥満、子宮筋腫とありハイリスクでした。
特に内服からの二分脊椎等の確率が心配で、15週に入ってからクアトロテスト(血液検査)を受け、陰性が出てその後は順調に至りました。
二分脊椎は一般よりも低確率での陰性でした。
精度について疑問があるものの陰性の場合は八割方正確です。
陽性が出たら、確か18週位で羊水検査をし、確定したら諦めるつもりでした。
綺麗事では考えられませんよね。障害を一生請け負うのは我が子で、それを見ながら親側は過ごす事になります。
精神的に健康な人でも、壊れそうになります。
でも、リスクが何もない人でも障害がある子を妊娠する事も多く、全ては確率で運命なのだとドクターから言われたそうです。
もしデパケン等を内服していたとしても同じです。長年の生活歴ではなく現年齢、現在の状態で全て考えられます。
大学病院では全ての状態から総合的に点数を出し、リスクの程度を見ます。その項目の1つに内服があるだけです。
姉は37歳でした。30代半ばは今の時代は若い方と思います。
◆いずれにしても、産みましょう。中絶は、殺人であるからです。たとえ、障がい者であっても、殺しては、いけません。
◆婦人科で働いていました。
心療内科の薬は大切なので飲んで下さいね。妊娠を心療内科の先生もご存知ならお薬は大丈夫です。あと妊娠中は特に悪化する事があるのでちゃんと薬を飲んで通院しで下さい。
心療内科に通いながら皆さん元気なお子さんを産んでおられますよ。
また出生前診断で分かるのはほんの一部だけで産まれた後に分かる病気の方が圧倒的に多いです。
今は初産婦さんも40代でも珍しくなくなりました。卵子がギリギリですがね。
34歳ならまだ若い分類に入ります(笑)
断薬はせずにちゃんと出された薬は飲んで元気なお子さんを産んで下さいね。
◆つわりは大変ですよね。
お住まいの自治体の福祉課で
相談窓口があるはずなので
調べて相談してみては?
話をするだけ落ち着つく場合も
あると思いますよ
母子手帳などに連絡先が乗ってる場合も
あるし、訪問相談などの
葉書がついてる場合もありますよ
◆ありきたりな回答になりますけど、
マタニティブルーとか
ところで犬だけじゃないですよ。
犬がいなくてもお腹の人も居ますからひとりじゃないですよ。
携帯開いたら向こう側にもっといっぱい人がいますよ。
絶対に可愛い赤ちゃんが生まれますよ。
最近天気妙に悪いし別に外に行かなくてもいいと思います。
2匹いたので犬の散歩大変だった記憶があります。
草育てるといいですよ。
お花もいいけどサボテンもいいですよ。